なんかいいことあるといいなぁ。

MIXIを見ない人・見れない人へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くま

のみです。

今までクマノミ関係でこんなに集中したことは無かったのです。
AFが早くなったことで、満足できる写真に近づいてきました。

ハマクマノミ イソギンチャクまで同じ色でした。
DSC_3158.jpg

クマノミの赤ちゃん 大きく見えますが、小指ぐらいの大きさでした。
DSC_2925.jpg

カクレクマノミ 深い蒼とオレンジ、イソギンチャクの質感を出したかった。
DSC_4086.jpg


スポンサーサイト

気合をいれて

楽しかった連休も、はるか昔。
おわっちまいました。

今回の気合を入れた写真です。

No.1 ピグミーシーホース 水深も少し深めでとにかくちっさい。
    ドロップオフにいて暗いので左手にライト、右手でカメラ。
    呼吸で中性浮力。流れがあって・・・・・・ 
    何かがかぶっていますが、この一枚しか撮れませんでした。
DSC_0593.jpg


No.2 ロウニンアジ 少し流れていたので、群れを期待。
    こんな時は105mmマクロじゃないんだよなぁ・・・ 10-17mmとかのワイド使ってみたい
DSC_0709.jpg


No.3 ハナゴイ ペア 水中で見ると青にしか見えないけど、しっかり
    光を当てるときれいな紫がでてくる。雄と雌の大きさや ひれの色が
    違うのがわかると思います。
DSC_0793.jpg


No.4 ニシキヤッコ 基本的に泳ぎぱなしなので、いままでのコンデジでは
    撮影する気も起きなかった被写体。
    やっこ系と呼ばれるキンチャクダイは食べてもおいしいらしいので
    漁師の間では比較的高値で取引されるらしいですよ。
    うまいのかなぁ。
DSC_0619.jpg

    

今日で200805のヨロン水中写真は終わりです。
お立ち寄りありがとうございました!

これが、撮りたかったんだ

いろいろ撮りたいシーンがあったんですが、今回はこれ!

黒い背景の中で、ピンクの魚が体をくねらせる。
ちょっとエロイ感じの艶やかさ。 ハナゴンベ。
水深20Mぐらいの薄暗いドロップオフに住んでいます。
DSC_9575.jpg


海抜けのよくあるシーンですが、ヨーク見ると卵があるの見えますか?
ガラスハゼ
DSC_9565.jpg


最後に師匠もやっていたデッかちゃん ミノカサゴ
DSC_9543.jpg

大好きな

ハゼを撮ることができました。普通のクビアカハゼなんですけど。
ハゼは駆け引きが必要なんです。見つけて遠くからパシャ。数十センチ進んでパシャ。
よ~く観察していると同居するテッポウエビなどに対してしっぽで警戒を促します。
このときは「待ち」です。キンチョウすると呼吸も荒くなって、この吐き出した泡が割れる音で逃げることも少なくありません。

クビアカハゼ 10~20Mほどの砂地・ガレ場にいます。探すポイントは、「巣穴」を探すのです。
DSC_9198-s.jpg


デバスズメダイ 群れているときれいなんですけど、今回は構図を決められませんでした。
DSC_9174-s.jpg


ハナゴイ 今まで一番鮮やかに撮れました。
DSC_9093-s.jpg


 | HOME | 

Calendar

« | 2017-03 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

つねお

つねお

カワセミ・ヤマセミ・アカショウビンにはまった中年じじぃ。
珍鳥が出たら右往左往します。
MIXIはこちら。
http://mixi.jp/show_profile.pl?id=7896929&from=navi

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。